おのまとぺーのウェブサイトだよ★Japanese Hentai Kichigai shit mp3 Download Free!!★

☆ONOMATOPIA☆

topimg

特定のタグがついた記事

い~じゃん!J-POP だから僕は日本にやって来た

J-POPを外人視点から見た評価でおもしろかった。
著者のマーティ・フリードマンは、伝説のヘビーメタルバンド・メガデスの元ギタリスト。
様々な音楽の文化、ジャンルや技術に関する膨大な知識をもとに、日本人にとっては「灯台下暗し」で気付かないJ-POPの素晴らしさを、アメリカを中心とした海外の音楽との比較を通じて指摘している。

マーティ・フリードマン
マーティ・フリードマン公式サイトプロフィール
マーティ・フリードマン|Wikipedia

以下、読書まとめメモ。

★「日本では、邦楽って、洋楽よりもレベルが下だと思い込んじゃってる人が結構いるよね。でも、その考え方は間違ってます。それはただのコンプレックスだよ。」

★オレンジレンジ「SAYONARA」
特徴的なのは、プチ不協和音。歌のメロディーと楽器の演奏でときどき音階が合わない部分がある。メジャーとマイナーのコードを同時に弾いたりしている。オレンジレンジの曲は、単純に聴こえるのにものすごく複雑なアレンジになっている。

★ゆずもコブクロもストリートライブで練習したらしいけど、アメリカではありえない。ストリートミュージシャンは、アメリカではホームレスみたいなイメージ。

★サンボマスター「I Love You」
コード進行が面白い。ギターの雰囲気は昔のローリング・ストーンズみたいなアバウトなロックなのに、いきなりジャズのコードが入ったりするのは日本的な現象。
マイナーセブンとかメジャーセブンっていうコードなんだけど、洋楽のロックでは全然入らない。

★少年ナイフの魅力は、本当に楽器弾けるのかっていう危なかっしいプレイ、怪しいビート感。チャットモンチーは洗練されすぎている。少年ナイフからアマチュアっぽさとパンク魂を抜いたのがチャットモンチー。

★アメリカの音楽シーンだと、「メタルバンドはメタルだけ」「R&BシンガーはR&Bだけ」っていうふうに、ジャンルの壁が日本よりも厚いし高い。ミクスチャー系はあるけど、ラップとメタルとかテクノとロックとか組み合わせが決まってる。でも、J-POPには、実験的な融合にチャレンジしてる曲がたくさんある。

★湘南乃風「睡蓮花」
J-POPならではの融合の面白さがいっぱいの曲。中国っぽさを感じるような民族的なイントロを聴かせて、いきなりレゲエポップになっていく。しかも、その後のサビのメロディーは超王道の歌謡曲。こんな曲は、洋楽のミュージシャンでは絶対にありえない。こういう融合は、本当は音楽的にはすごく難しい。普通に何も考えないでただくっつけようとすると、むちゃくちゃになる。

★aiko「シアワセ」
曲作りの組み立て方がしっかりしている。特にジャズ系のコード進行をうまく使ってるのが印象的。音楽的にハイレベルなコード進行や技術を、ポップスの中でさらっと隠し味的に使うのはJ-POPならではの現象。

★スキマスイッチ「マリンスノウ」
サビを繰り返すときにメロディーをほんの少しだけ変える”プチアドリブ”、あるフレーズを歌っている途中で一部分だけファルセットを入れる”ワンノートファルセット”。この二つは洋楽では少なくなって、超日本的な作り方。

★「浜崎あゆみ」というのは、ソングライターとかバックミュージシャンとか宣伝マンとか、A級のスタッフが超たくさん集まって協力した結果、出来上がっているアーティスト。
しかし、サウンドは冒険的ではない。本当は、もっと冒険したいはず。だけど、みんなが期待するイメージを崩さないように我慢しているんだと思う。かといって、ずっと同じだと飽きられちゃうから、時代に合わせて、”あゆらしさ”を保ちながら少しずつ音の方向性を変えている。このサウンドディレクションは本当にうまい。

★J-POPは何よりもまずはメロディー。

★J-POPにいやし系の曲が多いのは、みんながみんな頑張りすぎっていうくらい頑張っている日本社会に必要とされる音楽だからなのかもしれない。

★音楽理論的にさっぱり関係のない転調で、わけのわからないコードの流れは、J-POP特有の現象。1曲に別々の2曲が入ってるようなもの。これは小室哲哉とか浜崎あゆみとかに多いパターン。洋楽だとまずありえない。

★Perfume「ポリリズム」
サビのリフレインのアイデアが最高。4つ打ちの普通のリズムとボーカルが「ポ・リ・リ・ズ・ム」って歌う5つの声の音、4つと5つの違うビートを重ねてます。これ歌うのは超難しい。こういう変なリズムを入れる場合、よっぽどうまく構成しないと、耳がドラムだけに集中しちゃう。

★着うた時代はサビの頭「3秒」がヒットの勝敗を決める。

★GReeeeN「BE FREE」
J-POPのお手本のような曲。ヒット曲によく登場する曲構成。Aメロは静かに始まり、Bメロで盛り上がり始めて、サビのオリエンタル風のメロディーで壮大に盛り上がる。で、二番以降はその繰り返しってパターン。SMAPやB’zのヒット曲にも同じ構成がある。

いきものがかり
いきものがかり
たぶん3人組。バンド名の「いきものがかり」というのは、「生き物係」という意味。
メンバーにドラムがいないっぽいけど、曲にはちゃんとドラムがある。
ボーカルの吉岡聖恵は、ものまねが得意。

最近のJ-POPは、クラブミュージックっぽい音を取り入れたりとかするのが多いけど、いきものがかりの曲は、オケヒとかちょっと昔のJ-POPみたいな感じの曲が多い気がする。歌い方とかも含めて10年前の曲って言われてもそんなに違和感がない。

■いきものがかりの公式ホムペ
http://www.ikimonogakari.com/


チャットモンチー
チャットモンチー
ロックなバンド。音はJ-POPというよりはROCK。ROCKになるとドラムとかベースの音がでかくなるのが特徴。
あと文系のにおいがする。

■チャットモンチーの公式ホムペ
http://www.chatmonchy.com/index2.html


ステレオポニー
ステレオポニー
バンドだけど、ベースやドラムがそんなに強調されていなくて、ROCKというよりはJ-POP。
略称はステポ。
ステポの波形

青春に、その涙が必要だ!

■ステレオポニーの公式ホムペ
http://www.stereopony.com/