おのまとぺーのウェブサイトだよ★Japanese Hentai Kichigai shit mp3 Download Free!!★

☆ONOMATOPIA☆

topimg

特定のタグがついた記事

仏陀再誕
幸福の科学総裁、幸福実現党創立者である大川隆法の著作をベースにしてつくられた。2009年10月17日公開。

ギャグアニメ映画「仏陀再誕」

【感想みたいなもの】
・主役の天河小夜子(あまのかわ さやこ)(CV:小清水亜美)は、地球を救った謎の美少女という設定。UFOと戦う。
・天河小夜子は、コードギアスの紅月カレンを想起させる。しかも、軽度のツンデレ。父はガン患者で科学至上主義の医師。弟は元気な糞ガキ。
・エヴァの葛城ミサトのCV三石琴乃も「木村真理」役で出演。
・仏陀の生まれ代わりの「空野太陽」は、北斗の拳のトキみたいなやつ。悪魔の宗教のトップ荒井東作は、ラオウみたいなやつ。
・これだけ正義と悪がはっきりしたアニメは久しぶりに見た気がする。ストレート過ぎる。
・エヴァンゲリオン級の何か凄いことになってる感とドラゴンボールのスーパーサイヤ人級のアクションの大げさ度を併せもつ作品。
・あと、超展開とか突っ込みどころが多すぎ。だがそれがいい。
・目の前で人間が空中飛んだり、いきなり羽根が生えたりしてるのに、アニメの中の人たち驚かなさすぎる気がする。まぁ、アニメだからいいけど。
・いわゆるセカイ系。しかもトンデモ系。
・アニメの大半は「仏陀とか真実とか生き方がどーのこーの、私利私欲と現代社会がどーのこーの」というような説教を聞かされた気がする。
・でも、言ってることはとてもシンプルだと思った。悪魔とかあの世とか地獄とか霊とか、小学生が考えてるみたいな、ある種の伝統的/典型的な世界観をまじめに語ってるていう感じ。ここらへんはもっと大人を納得させるような高度なロジックを期待してたけど、意外にないのかも?肩透かし。
・後半、唐突に意味不明なポリゴン天使の3DCGが出てくる。
・日常生活ではまず使わない単語(比丘尼とか)が普通に説明なしで出てくるあたりが宗教臭いw
・主題歌の「悟りにチャレンジ」のタイトルネーミングセンスが良い。


▲公開直前スペシャルプロモーションDVD

▲インドでインタビュー

▲天河小夜子(CV:小清水亜美)

▲オーストラリアから来た信者ハリー・ハドソン

▲悪魔がとりついて顔が変わるオージー。この後、病院の壁を破壊する。

▲祭り。このあとUFOの大群が攻撃を仕掛けてくる。

▲UFOが攻撃。これを天河小夜子が撃退。

▲日本全土を覆う津波が襲う

▲左から木村真理、海原勇気、天河瞬太、天河小夜子(CV:小清水亜美)、空野太陽

▲荒井東作、操念会の会長。東京ドームでUFOに乗って登場。東京ドームに爆弾を仕掛けたり、炎のようなもので攻撃する。

☆∴:.。☆∴:.。☆∴:.。☆∴:.。☆∴:.。☆∴:.。

・映画館には30人~50人ぐらい来てた。予想より多かった。幸福の科学の人たちとその他の人が4人ぐらいって感じ。
・家族連れや高齢者が多かった。おそらくアニメ映画のなかでは、高齢者を最も多く動員してるかもしれん。
・映画のラスト辺りで、隣のババアが泣いてたw 感動するところ一瞬もなかったけどなー。
・洗脳アニメと思って行ったら期待はずれ。べつにたいしたことない。
・このアニメのターゲットがわからない。信者の新規獲得が目的?対立勢力からの信者奪取?既存信者の信仰心の強化?
・エンドロールに協賛企業の名前が列挙されてた。かなり多い。興味深い。病院、印刷、建築系が多かった。
・TVでCMもやってたみたいだし、お金があればいろいろやりたいことできるね。
・総合的な評価として、今回は笑いどころがちょっと素人にはわかりにくい。かなり高度なギャグアニメといえるかもしれない。
・こんなアニメが上映される日本に生まれてよかったと思いました。

幸福の科学 公式ホームページ

アニメ「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」は、「ソウルテイカー」のスピンオフ・アニメ。
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてOP1
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルてOP2
2002年から2005年にかけて製作された完全なオタク向けの作品。
主人公の中原小麦のCVは桃井はるこ。
ストーリーは、主人公・中原小麦がまじかるナースになって悪のウイルスから地球を救うという話。
パロディネタが細かくて、クオリティは高いけど、そこまで無軌道なギャグはなくてまともだからギャグアニメとまではいえない。

ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて - 02
ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて - ドクロちゃんのフィギュア

ギャグアニメ「魔女っ娘つくねちゃん」を紹介します。

この作品はOVAで、原作は漫画。
DVDは全6巻
http://www.starchild.co.jp/special/tsukune/release_.html
ちなみに主人公つくねちゃんのCVは桃井はるこ。

話の内容は、魔法使いのつくねちゃんが困った人を助けるという話らしいけど、あんまり関係ない。
ほのぼのほんわか系だけど残酷でブラックな感じのギャグがうまくマッチしています。
発売元のホームページには「かわいいけれど残酷で、えがおがキュートなんだけど辛辣でつっこみどころ満載」と書いてあります。
返り血-魔女っ娘つくねちゃん
第一話では、始まって1分も経たないうちにつくねちゃんがペット(使い魔)のププリンを容赦なく焼き殺します。それ以降の話では、殺害されたププリンはときどき亡霊として登場します。
全体的なストーリーは強引かつカオス。絵の細部にもギャグが盛り込まれていたり効果音もハチャメチャになっています。第六話とかもうやりたい放題し過ぎで、実写みたいなのが入ってきたりとか作品として崩壊寸前レベルで自由度も結構高いです。
ココロ-魔女っ娘つくねちゃん
また、この作品は各巻が10分ぐらいで一話完結型なので、ギャグアニメで重要な要素の一つである「テンポ」を落とさず最後までいっきに見れるよーになっているところもよいと思います。
釘バット-魔女っ娘つくねちゃん
総合評価は4。おもしろいヨ!