おのまとぺーのウェブサイトだよ★Japanese Hentai Kichigai shit mp3 Download Free!!★

☆ONOMATOPIA☆

topimg

「blog」 カテゴリーの記事

い~じゃん!J-POP だから僕は日本にやって来た

J-POPを外人視点から見た評価でおもしろかった。
著者のマーティ・フリードマンは、伝説のヘビーメタルバンド・メガデスの元ギタリスト。
様々な音楽の文化、ジャンルや技術に関する膨大な知識をもとに、日本人にとっては「灯台下暗し」で気付かないJ-POPの素晴らしさを、アメリカを中心とした海外の音楽との比較を通じて指摘している。

マーティ・フリードマン
マーティ・フリードマン公式サイトプロフィール
マーティ・フリードマン|Wikipedia

以下、読書まとめメモ。

★「日本では、邦楽って、洋楽よりもレベルが下だと思い込んじゃってる人が結構いるよね。でも、その考え方は間違ってます。それはただのコンプレックスだよ。」

★オレンジレンジ「SAYONARA」
特徴的なのは、プチ不協和音。歌のメロディーと楽器の演奏でときどき音階が合わない部分がある。メジャーとマイナーのコードを同時に弾いたりしている。オレンジレンジの曲は、単純に聴こえるのにものすごく複雑なアレンジになっている。

★ゆずもコブクロもストリートライブで練習したらしいけど、アメリカではありえない。ストリートミュージシャンは、アメリカではホームレスみたいなイメージ。

★サンボマスター「I Love You」
コード進行が面白い。ギターの雰囲気は昔のローリング・ストーンズみたいなアバウトなロックなのに、いきなりジャズのコードが入ったりするのは日本的な現象。
マイナーセブンとかメジャーセブンっていうコードなんだけど、洋楽のロックでは全然入らない。

★少年ナイフの魅力は、本当に楽器弾けるのかっていう危なかっしいプレイ、怪しいビート感。チャットモンチーは洗練されすぎている。少年ナイフからアマチュアっぽさとパンク魂を抜いたのがチャットモンチー。

★アメリカの音楽シーンだと、「メタルバンドはメタルだけ」「R&BシンガーはR&Bだけ」っていうふうに、ジャンルの壁が日本よりも厚いし高い。ミクスチャー系はあるけど、ラップとメタルとかテクノとロックとか組み合わせが決まってる。でも、J-POPには、実験的な融合にチャレンジしてる曲がたくさんある。

★湘南乃風「睡蓮花」
J-POPならではの融合の面白さがいっぱいの曲。中国っぽさを感じるような民族的なイントロを聴かせて、いきなりレゲエポップになっていく。しかも、その後のサビのメロディーは超王道の歌謡曲。こんな曲は、洋楽のミュージシャンでは絶対にありえない。こういう融合は、本当は音楽的にはすごく難しい。普通に何も考えないでただくっつけようとすると、むちゃくちゃになる。

★aiko「シアワセ」
曲作りの組み立て方がしっかりしている。特にジャズ系のコード進行をうまく使ってるのが印象的。音楽的にハイレベルなコード進行や技術を、ポップスの中でさらっと隠し味的に使うのはJ-POPならではの現象。

★スキマスイッチ「マリンスノウ」
サビを繰り返すときにメロディーをほんの少しだけ変える”プチアドリブ”、あるフレーズを歌っている途中で一部分だけファルセットを入れる”ワンノートファルセット”。この二つは洋楽では少なくなって、超日本的な作り方。

★「浜崎あゆみ」というのは、ソングライターとかバックミュージシャンとか宣伝マンとか、A級のスタッフが超たくさん集まって協力した結果、出来上がっているアーティスト。
しかし、サウンドは冒険的ではない。本当は、もっと冒険したいはず。だけど、みんなが期待するイメージを崩さないように我慢しているんだと思う。かといって、ずっと同じだと飽きられちゃうから、時代に合わせて、”あゆらしさ”を保ちながら少しずつ音の方向性を変えている。このサウンドディレクションは本当にうまい。

★J-POPは何よりもまずはメロディー。

★J-POPにいやし系の曲が多いのは、みんながみんな頑張りすぎっていうくらい頑張っている日本社会に必要とされる音楽だからなのかもしれない。

★音楽理論的にさっぱり関係のない転調で、わけのわからないコードの流れは、J-POP特有の現象。1曲に別々の2曲が入ってるようなもの。これは小室哲哉とか浜崎あゆみとかに多いパターン。洋楽だとまずありえない。

★Perfume「ポリリズム」
サビのリフレインのアイデアが最高。4つ打ちの普通のリズムとボーカルが「ポ・リ・リ・ズ・ム」って歌う5つの声の音、4つと5つの違うビートを重ねてます。これ歌うのは超難しい。こういう変なリズムを入れる場合、よっぽどうまく構成しないと、耳がドラムだけに集中しちゃう。

★着うた時代はサビの頭「3秒」がヒットの勝敗を決める。

★GReeeeN「BE FREE」
J-POPのお手本のような曲。ヒット曲によく登場する曲構成。Aメロは静かに始まり、Bメロで盛り上がり始めて、サビのオリエンタル風のメロディーで壮大に盛り上がる。で、二番以降はその繰り返しってパターン。SMAPやB’zのヒット曲にも同じ構成がある。

最近、寒い。

天皇誕生日を祝うために皇居に一般参賀に行ってきた!
東京都千代田区千代田1-1に住み、戸籍がなく、神聖不可侵にして、日本の象徴であり、日本最大のタブーでもある天皇。
その天皇が皇居で一般人の前に姿を現すのは天皇誕生日とお正月1月2日の年2回のみ。
天皇陛下を一目見ようと、日本全国はもちろん世界中から皇居に人がやってくる。

一般参賀とは、天皇が行う行事のひとつで、皇居内にある長和殿という建物のベランダの防弾ガラスごしに天皇陛下が挨拶をするもので、これは「お出まし」と呼ばれる。
天皇誕生日の一般参賀では、天皇皇后両陛下、皇太子同妃両殿下、秋篠宮同妃両殿下がお出ましする。
テレビで毎年見かけるやつで、日の丸小旗が振られてるやつ。ちなみにあの日の丸小旗は、一般参賀に向かう人の一部が通る皇居前広場で無料配布されている。

一般参賀 – 宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga.html

以下に、写真を交えて、天皇誕生日の一般参賀の記録。
午前9時20分頃に、皇居正門最寄りの千代田線二重橋前駅に到着。当日は雲ひとつない快晴。
駅の出口を出ると、すでにたくさんの人が来ている。
一般参賀に訪れている人は、年齢は40~60歳あたりが一番多そうだ。
また、周囲から聞こえてくる会話の中に九州や東北など日本全国様々な地方の方言が聞こえてくるので、おそらく観光バスに乗って日本全国から大量集結していると思われる。
それから外人も多い。海外から天皇誕生日に合わせて東京ツアーを組んでるのかもしれない。欧米人はとくに外見が目立つからかもしれないが、よく見かけた。しかし、なぜか中国人や韓国人はいなかった。
いろんな観光地などに行くとだいたい中国人や韓国人の団体がデカイ声で喋ってるのを見かけることが多いんだけど、皇居では見なかった。
群衆の中の右翼の旗
皇族のお出ましは、合計3回あり、それぞれ以下のようになっている。
 第1回 午前10時20分頃
 第2回 午前11時頃
 第3回 午前11時40分頃
第1回目のお出ましを見るために、この時間に来たが、すでに遅かったようで、たくさんの人が来ていてた。
人の群れに従って進むと、ボディチェックと持ち物検査をする場所がある。ここを越えると逆走できないしトイレも行けないので、警察官らが中に入る前にトイレを済ませるよう注意を促している。
検問は、手荷物が多い人用と少ない人用などに分かれていて、複数の警察官によってポケットの中にあるものやバッグなどを開けられ中身をチェックされる。
検査を通過すると、今度は、4人一列で並ぶよう誘導される。
混雑を防ぐための整列
混雑を防ぐために、時間差で列ごとに進むようにプログラムされていて、自分の列が進むのを待つ。
列が進み、大勢の警察官の誘導に従って皇居正門の方へ進むと、道路脇に設置されたスピーカーから流れてくる雅楽が聴こえてくる。
欧米人の二人組が雅楽を「これはサムライの音楽だよ」と得意げに話していた。
ここらへんで既に隊列は崩れて適当になる。道路横に配置された警察官が「立ち止まらずにゆっくり前に進んでください」と連呼している。
皇居正門
皇居正門を入り、最も道が狭くなるところに私服の公安警察たちがたくさんいて左右から訪問者を最終チェックする。
中門をくぐると、参賀場所である長和殿前の広場に出る。長和殿ベランダ中央対面後方には、テレビカメラがずらりと並ぶ報道陣用の段がある。
お出ましまであと数十分あるが、既に前方や中央部は埋まっていたので、中央後方に陣取った。
長和殿前の広場
お出まし待ちの間はヒマなので、周囲のいろんな人を観察してた。
ネットブックを片手に持ち、ニコニコ動画(?)で実況中継しながら天皇陛下のお出ましを待つ人や、「ネクタイまでとは言わないが、せめてきちんとした身なりで来るべきだ。ジーンズなどモッテノホカ!」みたいなことを話してた右翼のおっさんたちなどなかなか面白い人たちが多い。
周囲の話を聞きながら待っていると、前方に設置されたスピーカーから、お出ましの概要や注意事項について説明が始まる。
説明が終わるといよいよ緊張が高まり、全員の視線が、天皇がお出ましになる中央に集中する。隣のおっさんたちは「天皇陛下万歳」の掛け声を合わせる最終調整を始めた。
そして、中央から天皇が見えると、一斉に「天皇陛下バンザーイ!」という絶叫に近い掛け声が上がり、わーわーという声と小旗がはためく音で群衆は大興奮状態になる。
天皇陛下万歳!
↑ 天皇のお出ましでブチあがる日本人たち
しばらくすると、天皇陛下が挨拶を始め、今度は一気に静かになる。天皇が挨拶文を読み終えると再び「天皇陛下バンザーイ!」の大合唱が始まる。
天皇陛下
皇族が完全に奥に隠れてしまうと、あー終わったーという感じになり、警察官による退出の誘導指示により退場が始まる。天皇とのファーストコンタクトは無事終了。一部の人たちは40分後の次回のお出ましのためにそのまま居残る。
帰りは坂下門や桔梗門から退出し、一般参賀終了。この日は、計2万6298人が参賀に訪れたそうだ。

天皇といえば、義務教育では「日本国の象徴である」と教えられるが、よく意味がわからない。
しかし、とくに戦争を経験した世代の高齢者の人たちは、毎年この一般参賀のシーンをテレビに噛り付くように見たりする。
これだけさまざまな層の国民から注目されるイベントは他にはないかもしれない。
いろんな歴史を背負った天皇や皇室がどういうものなのか実際に経験して確かめることができたのはよかった。
やっぱ天皇の力はすごいんだなと思った。年末年始に東京にいる人は行ったほうがいい。おすすめ。

先日観てきた「エクスペンダブルズ」という映画の感想。
この映画は、ストーリーとか話の内容が何もなくて、ただ筋肉と爆発しかないクソ映画!

『エクスペンダブルズ』予告編

あまりにもクソすぎて面白くなかったので逆に面白かった。
主演・脚本はシルベスター・スタローン。他の出演者も、アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェット・リー、ブルース・ウィリスなど主役級の豪華なアクションスターが勢揃いしている。アメリカでの興行成績は良かったらしい。
映画の内容は、ゴツイ男達が銃火器持って孤島で派手な銃撃戦してドカーンとデカイ爆発たくさんで、バズーカ砲で人をゴミのように吹き飛ばしていくという感じ。
映画のほとんどは格闘か爆発のシーンなので、多すぎる登場人物のキャラがあまり描かれてなくて、誰がどういう人物なのかというのは最後までよくわからないし、あれはどうなったんだろうっていうようなところもたくさんあって、伏線はないし、あっても回収されないし、また、いろんな出来事の多くはその後の結果がわからず拾われないまま終わる。
とりあえずなんでも爆発させたいバカなアメリカ人が大金使って巨大なセット組んで、やりたい放題やった的な作品。
頭使わず何も考えなくても見れるし、爆発でテンション上がるし小学生とかが見たら面白く感じるかもしれない。
映画館でも観客に女性はほとんどいない。ストーリーはいらないから、ただひたすらバズーカ砲で肉片が吹っ飛んだり爽快な巨大爆発を見たいって人向けの映画。

☆札幌市豊平川さけ科学館
札幌市豊平川さけ科学館
札幌市内にある鮭の飼育展示施設。※上写真のキャラクターは、リンカちゃんという豊平川さけ科学館の応援キャラクター。
北海道民にとっては、鮭は最も馴染み深い魚であり、また大切な天然資源でもある。
毎年、秋になり川に鮭がのぼってくると北海道民たちは「サケがきたぞー!!!うおぉー!!!」と祭りのように大騒ぎするという。
これは北海道民以外の人にはピンとこないかもしれない。
というのも、鮭のことをよく知らない人は、何もしなくても毎年決まった時期になれば勝手に大量の鮭がやってくると思っているかもしれない(自分もそう思っていた)が、それは大間違いなのである。
古くから豊平川は多くの鮭が帰る川であったが、札幌市の発展とともに水質汚染が進み、一時は鮭の姿が消えたという。そこで札幌市民は、カムバックサーモン運動と題して鮭の稚魚の放流を行い、水質改善のために市民一体となり高い環境意識をもち、また行政は下水道整備を行い、鮭が帰る環境を整えた。一方、鮭は約4年間かけて、日本の川からオホーツク海へ、そしてベーリング海へ進み、ベーリング海やアラスカ湾でエサを食べながら回遊し、約16000キロメートルを移動するという。北洋の厳しい環境の中で長旅を経て日本の母川に無事に生きて帰ることができる鮭は、たったの3~5%程度といわれる。市民運動や人工孵化放流の作業など大変な労力をかけ、そして奇跡的な確率で鮭は戻ってくるのである。
こうした背景を踏まえると、北海道民にとって、鮭の遡上がいかにビッグイベントであるかということがわかるだろう。下写真は、サケの遡上を知らせる新聞の号外である。
新聞の号外「サケ、いよいよ遡上本番へ!」|札幌市豊平川さけ科学館

ちょうど豊平川さけ科学館を訪れた時期は、鮭が川へ戻ってきだした季節で、館内の職員の話によると、豊平川でも9月中旬の時点で既に最初の鮭の遡上が確認されたらしい。
また、札幌市豊平川さけ科学館は、それほど大きな施設ではないが、鮭をはじめとして鱒や外国の珍しい魚を数多く展示している。
地下観察室から見た水槽内を泳ぐ鮭|札幌市豊平川さけ科学館
ニジマスのアルビノ|札幌市豊平川さけ科学館
日本の川に生息する最大の魚であり、幻の魚といわれる「イトウ」を飼育繁殖させており、受付で餌を購入して、イトウの餌やりを体験できる。
幻の魚イトウの稚魚|札幌市豊平川さけ科学館
巨大魚イトウはネズミも食べる。
イトウのエサやり|札幌市豊平川さけ科学館
飼育池の中を泳ぐイトウに1回100円で餌やりできる。
イトウの群れ|札幌市豊平川さけ科学館
イトウがうじゃうじゃいる。手のひら大サイズの立方体にカットされた冷凍オキアミをボトンと池に投げてみたところ、イトウたちはものすごい勢いで集まりエサに喰らいつく。餌を食う瞬間は一瞬の出来事だったのでカメラでは撮影できず。おそらく赤子を池に落としたら速攻で食いちぎられるw

☆千歳サケのふるさと館※千歳市
千歳サケのふるさと館
札幌駅より電車で約30分、駅から降りて徒歩10分。千歳市にある淡水魚水族館「千歳サケのふるさと館」は、道の駅「サーモンパーク千歳」の中にある。
さきほど紹介した札幌市の豊平川さけ科学館横を流れる豊平川とは異なり、この施設横の千歳川には毎年比較的大量の鮭が遡上する。
水族館内には、淡水では国内最大級の巨大水槽や千歳川水中観察室があり、水中観察室では千歳川の中に潜っているかのように水中を眺めることができ、運が良ければサケの産卵シーンも見れるらしい。
巨大水槽|千歳サケのふるさと館
巨大水槽。幼稚園児の身の丈と同じくらいのサケが泳いでいる。
水槽の中を泳ぐベニザケ|千歳サケのふるさと館
水槽の中を泳ぐ産卵期の日本産ベニザケ。
千歳サケのふるさと館の外に出ると、「インディアンすいしゃ橋」という橋がかかっており、遡上シーズンには橋の上からサケの遡上を見ることができる。また、インディアン水車というのは、明治時代にアメリカに渡った日本人がコロンビア川で見た水力式捕魚車の設計図を持ち帰り千歳川に設置したものであるという。
インディアン水車|千歳サケのふるさと館
この水車の中に入ってきたサケが捕獲される。
橋の上からは千歳川を眺める観光客がたくさんいる。毎年秋には遡上するサケの捕獲シーンを見ようと多くの観光客が訪れる。
千歳川のサケの群れ|千歳サケのふるさと館
橋の上から川の中を覗くとたくさんのサケが群れを見ることができる。サケはじっとしている。千歳サケのふるさと館の施設の人に聞いたところ、サケは明るいうちは動かないことが多く、また、まだまだ数も多くないことからバチャバチャ跳ねたりはしないらしい。
ちなみに、さきほど説明したインディアン水車の設計図を持ち帰った日本人とは、北海道庁初代水産課長 伊藤一隆という人物であり、中川翔子の曾祖父である。
中川翔子は、昨年に千歳サケのふるさと館を訪れたらしく、館内入場口にはしょこたんと書かれたサインが飾られていた。
中川翔子のサイン|千歳サケのふるさと館
「ひいひいおじいちゃんの伊藤一隆さんの写真みに来られてギザウレシス(^ω^)」などと書かれている。

☆サッポロビール博物館
サッポロビール博物館
札幌市内にあるサッポロビール博物館は、日本で唯一のビールに関する博物館である。
館内では、サッポロビール工場で実際に使用されていた巨大な煮沸釜や明治時代のビール製造に関する歴史的資料が展示されている。
また、見学の最後には、できたてのサッポロビールを試飲できる。
ビール飲み比べ試飲|サッポロビール博物館
左から「サッポロクラシック」、「エビス<ザ・ブラック>」、「開拓使麦酒(地ビール)」。サッポロクラシックは北海道限定のビール。開拓使麦酒は、サッポロビール創業当時の製法で造られ当時の味を再現したビールであり、ここでしか飲むことができないらしい。
サッちゃん|サッポロビール博物館
サッポロビール園のマスコットキャラクター「サッちゃん」。兄は「ポロくん」。2人合わせて「サッポロ」である。あと、よく見ると、サッちゃんの膝が汚れている。土下座でもさせられたのだろうか。

☆鈴木宗男事務所
鈴木宗男事務所
鈴木宗男前衆議院議員の事務所であり、新党大地党本部でもある。
鈴木宗男は、一連の汚職事件における懲役刑確定に伴い、近く収監される予定だが、一方で地元北海道では後援会を中心に依然として根強く支持されている。

☆セイコーマート
セイコーマート
セイコーマートとは、札幌市に本社を置き、主に北海道を地盤とするコンビニ。略称は「セコマ」または「セイコマ」である。
北海道民の間では、馴染み深いコンビニであり、テレビでもセコマのCMがよく放送されている。すじこのおにぎりがおいしい。

☆ヴィクトリアステーション
ヴィクトリアステーション
北海道にしか存在しないファミリーレストラン。ハンバーグやステーキなど肉料理を中心とする。
北海道民はヴィクトリアと呼んでいる。