府中校友会シンボルマーク

ゴルフをプレーしよう会

HOMEに戻るゴルフをプレーしよう会トップへ過去の活動報告へ

第49回(平成28年春)
ゴルフコンペ優勝報告

第49回(平成28年・春)ゴルフ会

(大島 正敬[S55・工研] 記)

府中校友会第49回ゴルフコンペは5月13日に武蔵野ゴルフクラブで開催され、総勢12名が参加しました。


参加者一同で記念写真

参加者一同で記念写真


府中校友会のコンペに参加するのは2年ぶり。毎回参加したいと思いながら、会社スケジュールとかち合ったりでなかなか参加できずにいました。今回の会場は前回参加した時と同じ武蔵野ゴルフクラブ。ここは今回も参加の中川行康さんのホームコース。八王子インターから新滝山街道を一走りすれば府中から40分ほどで到着します。

イン10番ホール

インの10番ホール


前回は雨上がりの緩んだフェアウェイ、滴の貯まったグリーンでパットはもうひと転がりが足りず、お嬢さんゴルフと揶揄されました。しかし、今回はほぼ無風、ドピーカンの晴天で全く言い訳できないほどの天候。幹事の河内さんからは「大島さんの実力でハンデ29は多すぎるから今日は大島さんの優勝ですね。」とハッパをかけられる前哨戦。しかし、ここ最近、煩悩数(108)を下回れないスコアが続いている自分としては、「そのくらいのハンデで十分」と思いながらラウンドに臨みました。

同伴者は過去に優勝経験のある森島清さんと桑山恵一さん。いずれも昭和36年卒の大先輩。ファーストホールは緊張の中、左ドックレックのイン10番からスタート。
森島さん第1打 第1打は無事真っ直ぐ遠くまで飛んでくれ、ほっとひと安心。これで気持ちがやや落ち着き、このホールをボギーでクリアしました。森島さん、桑山さんは思ったよりも深いラフに苦労されながらもグリーン上の技術はさすが。お二人に負けないようにと思いながらプレイしているうちに、1パットで上がれるホールが増え、前半は何とか50で終えることができました。後半頑張れば何とか2桁で上がれると目標ができると不思議にやる気も出てきました。
(写真は森島さんの第1打)

後半になってもボールが曲がることはなく、バンカーに入れても、ショートコースでグリーンを外しても何とかボギーでしのぐことができ、大たたきのホールを作ることなく回れました。おかげで後半は43で終えることができ、久しぶりの目標の2桁のスコアを残すことができました。
(右は優勝の筆者)

結果、ネットは64とアンダーパーの成績で初めてこのコンペで優勝することができました。2位はグロス80でグロス賞、ニアピン賞を3つもとった西山工さん。3位は老練な新谷義克先生となりました。
またもう一つのニアピンは桑山さん、ドラコン賞は尾崎さんが取られました。


2位の西山さん


3位の新谷さん

表彰式の席上、新谷先生より1月に遂に稲門医師会が設立され副会長に就任したとの報告がありました。また幹事の河内さんより固定ハンデでは実力を正確に表わせないので次回からシンペリハンデしたいとの提案があり、一同了解。また、会場も今回のように近い会場で開催することになったことを付け加えておきます。



府中校友会第49回ゴルフコンペ成績表

2015年5月13日(金)  於  武蔵野ゴルフクラブ

順位 氏名 グロス ハンデ ネット
優勝 大島 正敬 93 29.0 64.0
準優勝 西山 工 80 5.0 75.0
3位 新谷 義克 100 25.0 75.0
4位 森島 清 91 13.0 78.0
5位 中川 行康 89 10.0 79.0
6位 尾崎 研一 95 15.0 80.0
7位 新井 匡夫 103 22.0 81.0
8位 古曳 享司 116 30.0 86.0
9位 戸塚 明夫 101 14.0 87.0
10位 桑山 恵一 103 16.0 87.0
11位 金子 弘 114 24.0 90.0
12位 河内 康雄 115 16.0 99.0


 
 
 
 
top

Copyright(c) WASEDA University Fuchu Alumni Association All Rights Reserved.