府中校友会シンボルマーク

府中TM(TomonMountain)歩こう会

HOMEに戻る府中TM歩こう会トップへ2015年度活動報告へ

活動報告(2015年度)

第93回    
『勝沼ブドウ狩り』報告記
[2016.10.1(土)]

危ぶまれていた天気が何とか持ってくれて、曇り日ではあったが、雨も降らず風もなく、先ず先ずの日和であった。歩こう会の常連がほぼ出そろい、13名がJR高尾駅に集合した。4人掛けのボックス席に座ると、子供の遠足のように賑やかに話がとめどなく続いた。中央線で相模湖、大月、初狩、笹子と進み、窓外の山また山の景色を眺めていると、以前登ったことのある山々が思い出された。

勝沼ぶどう郷駅で下車し、ここで小林さんをリーダーとするバーベキューの準備係が、車でいち早く現地に向かい、他は権平さんを先頭に、連なるぶどう棚に沿って、目的地の若尾果樹園までの最短距離を歩いて行った。前回まではあちこち寄り道して、丘を上ったり下ったりしてかなりの時間がかかったが、今回は下り坂のみで、小一時間で到着。

勝沼ぶどう郷駅前にて

勝沼ぶどう郷駅前にて

果樹園では先発隊のお陰で、炭火が良いあんばいに熾きており、先ずはビールで乾杯の後、待ちに待ったBBQが始まった。園併設のワイナリーから数種のワインが供され、ふんだんに用意された肉と野菜の焼きたてを食しながらのパーティは、いやが上にも盛り上がり、饒舌な人はさらに饒舌に、普段物静かな人も話に力が入り、話題は歩こう会の将来、更には府中校友会の発展の為になにをなすべきかと、私達としては程度の高いテーマにまで及んだ。

葡萄棚の下で

葡萄棚の下で


何よりも柴田さんによる肉の焼き具合が丁度よく美味しく、小林さんの作る焼きそばが抜群だった。主婦にとって、男性の手になる料理を頂くのはこの上なく幸せなことだった。今回は段取りが非常にうまくいって、肉、野菜、極めつけの焼きそば、全て平らげ、涼しさを増した秋風の通り抜ける葡萄棚の下での昼食に、皆大満足の一日だった。

BBQで活躍の柴田さん(右)と小林さん

BBQで活躍の柴田さん(右)と小林さん


皆さん満ち足りた顔をして

皆さん満ち足りた顔をして

大野正道リーダーが、府中校友会の会長に就任するのに伴い、府中TM歩こう会のリーダーは小林春男さんに、権平和照さんと井上宏一さんのお二人がサブリーダーになってくださることを快くお引き受けいただき、満場一致で決定した。お世話をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。



参加者:計13名
加藤俊一(29法)・松原照旨(29政経)・柴田弘道(31法)・
竹居義男(35教)・森島清(36政経)・吉野征亜(37法)・
権平和照(38法)・大野正道(40理工)・加藤幸司(41商)
大野真美(42文)・小林春男(44商)・南三千代(44理工)・
井上宏一(46商)

[大野真美(S42)記]

 

 
space
 space
top

Copyright(c) WASEDA University Fuchu Alumni Association All Rights Reserved.