Lavie Lightをレビュー PC-BL100SA6L

スペック

基本スペック
メーカー NEC 発売日 2009年1月
画面サイズ 10.1インチワイド 解像度 1024×576
OS WindowsXP Home CPU Atom N570 1.6GHz
メモリ 1GB(空きスロット無し) HDD 160GB 5400回転
サイズ 幅25×高さ3.5×奥行17.5cm 重さ 1.16kg
連続動作時間 約3時間 キーボード 17mmピッチ 88キー
機能スペック
光学ドライブ 無し WEBカメラ 130万画素
無線LAN 11Mbps・54Mbps BlueTooth 無し
カードスロット SDHC SDカード PCカードスロット 無し
USBの数 3個 Officeソフト 無し

NEC Lavie Light PC-BL100SA6Lをレビュー

4色のカラーが選べる、シンプルでスクウェアなデザイン

フラットホワイト、ソリッドピンク、パールブラック、ソリッドブルーのさわやかな4色が用意されています。ネットブックPCは多数発売されていますが、無駄の無いシンプルでスクウェアなデザインは好感を持てます。日常に無理なく溶け込みます。

ラインナップ

タイピングしやすい17mmピッチのキーボード

ネットブックでの最大の不満は、サイズとの兼ね合いで犠牲になってしまうキーボードの打ちやすさです。その上メーカーによっては、キー配置もごちゃごちゃな場合もありますが、やはり国内メーカーのNECの実力でしょうか、Lavie Lightは初めて触ったときから自然にタイピングできました。

キーボード

使いやすさを前面に押し出したモデル

まずOSにWindowsXPを採用しているため、ネットブックですがサクサク動きます。ワード、エクセルなども問題なく動きます。(Officeソフトは自分でインストールしてあげる必要があります。)趣味にビジネスに活用できます。画面も大型化しているので非常に快適です。
見逃せないところでパワーオフUSB充電機能が搭載されていること。これはパソコン本体の電源がOFFの状態でも、USBから携帯電話やiPodを充電できる機能です。

さらに洗練された2代目Lavie Light

2代目Lavie Lightは初代と比べて画面が一回り大きくなりました。(8.9インチ→10.1インチ)
ちなみに、縦の解像度が576ドット(初代は600ドット)と減っていますが、これはハイビジョン比率に準拠したためです。
ただ特に使用した感じでは気になりません。逆に画面が大きくなった恩恵のほうが大きいです。

他に液晶パネルが光沢になっていて映り込みが気になるところですが、これもあまり気になりません。 電源OFFの時など、液晶が暗い場合は確かに映りこみますが、通常稼動しているときはほぼストレスを感じません。

その他の性能は初代とほとんど同じなのですが、前作から時間が経っていないこともあり今のネットブックのトレンドをつかんでいます。とにかく使いやすいです。
ネットブックは海外メーカーが多いので、サポートの面で不安な方も、NECなら安心かと思います。
Lavie Lightの新旧を比較すると、筐体の大きさは変わっていないので、購入する場合は液晶の小さな初代機を選択するメリットはあまり無いです。こちらを選びましょう。